どんな家を選ぶか

どんな家を選ぶか

巨大地震が数年に1度は発生する日本。

 

住宅の地震対策技術は発展を見せていますが、すべての家屋に行き届いているとはいえません。

 

不動産屋で見かける耐震構造や免震構造というワード。
皆さんはこの違いを説明出来ますか?

 

耐震構造とは、地震が来ても壊れない建物のことを指します。
固くて丈夫な素材を用いることで、大きな揺れに耐えることを目的としているのです。

 

しかし、マンションやアパートのような高層住宅では
上の階に行くほど地震による揺れが大きくなるため、
優れた耐震構造であっても建物に亀裂が入るといった被害が発生していました。

 

耐震構造とは違った着眼点から、地震に対応しているのが免震構造です。
建物が地面と接する部分に免震装置を設置することで、
揺れが建物に伝わらない工夫が凝らされています。
耐震構造では倒れてしまうような地震でも、
免震構造なら建物に揺れが伝わりにくいため安全なのです。

 

免震装置の取り付けには莫大な費用が必要とされるため、
なかなか実装されていないのが現実です。

 

それでも、いくつかある部屋の候補から選択する際の決め手として、
免震構造を頭に入れておくのも悪くないでしょう。

 

住宅を選ぶ際には、賃貸や持ち家に関わらず安全面を切り捨てることが出来ません。
物件そのものの良し悪しや近隣地域の利便性、値段など様々な要素を組み合わせて、
自分の人生に合った住宅を探し出しましょう。

 

そうした要素を組み合わせる基準となるのが、ライフプランニングです。
自分の人生と住宅がどのように関わっていくのかを、もう1度考えてみましょう。